スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

« “間違いなく「ロリ」で「コン」な人専用の作品”は間違い! | トップページ | ロリに過剰反応?! »

2007年4月12日 (木)

記銘スケッチ法

偶然出会ったこの記事、“記銘スケッチ法”というデッサンの訓練法に、長年の謎が氷解した気がした。

白紙からスケッチを描くための訓練法(NBonline)

※閲覧には無料の会員登録が必要です。

数々の賞を総なめにしたアニメのメインスタッフをつとめるなど、日本を代表する、いや世界的といってもいい、とある高名な方と、ある時期同じサークルに属していたことがある。
何十年も前の話になるのだが、当時から彼の画力は他を圧する驚異的な物で、凡人には魔法を見るかのごとくであった。

彼は、エンスーと言っていい程のバイク/カーマニアでもあったが、見本となる物が全くなくとも、白いスケッチ帳の上に、数々の名車、レーサー、出たばかりの新型車などを、5分ばかりの短時間で何台も描き上げる技をもっていた。
周囲の者も当時の若者らしく、車とバイクに興味があって詳しかったが、嘘のない完璧な描画に、文句のつけようがなかった。
しかも、彼の描く車やバイクは、まさに生きており、さまざまな角度、構図で走らせられるのだ。

私も負けじと、エンスー雑誌を買い込み、名車の写真を模写する訓練に励んだのだが、彼のそれは、そうした訓練で描くものとは、別次元の物だった。

模写による訓練は、単なるコピーでしかなく、車を活き活きと走らせる事は、とうてい出来ないのである。どうすれば、彼のような絵が描けるのか長年謎だった。

天才のやる事は、凡人には解らないと言ってしまえば、身も蓋もないが。やはり、人知れず、どこかで、的確な訓練を積み重ねていたのだろう。

« “間違いなく「ロリ」で「コン」な人専用の作品”は間違い! | トップページ | ロリに過剰反応?! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208463/14650863

この記事へのトラックバック一覧です: 記銘スケッチ法:

« “間違いなく「ロリ」で「コン」な人専用の作品”は間違い! | トップページ | ロリに過剰反応?! »

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器