スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

« 現在のウチのMac | トップページ | PowerMacG4 大改造のワケ »

2007年4月 5日 (木)

PowerMacG4 DA のCPU交換

PowerMacG4 DigitalAudio のCPU交換だが、通常はサードパーティーのアップグレードカードを利用するのが一般的。

ところが、こいつが高い。最も有名なSonnet製で、最低クラスの800MHzを、ヤフオクで狙うのだが、1万円以内なんて全然無理、1万5千とかじゃ手が出ない。

そこで、L3キャッシュが無い為やや性能が落ちるのだが、PowerMacG4 QuickSilver (以下QSと記述)の純正CPUカードを落札した。このクラスは、もっと上級の1.2とか1.4GHzにアップするユーザが多く、結構タマ数が多い。うまく立回れば7〜9千円で落とせる。

ただし、DigitalAudio (以下DAと記述)に流用する場合、いくつか問題がある。

Macg4_03_1先ず、そのまま装着しても動作しない。

ロジックボード(マザーボード)への固定用ねじ穴が、DAの場合3個であるのに対し、QSでは4個になっている。

固定自体は問題がないが、あまった4個目のねじ穴が曲者なのだ。

どうやら、ねじ穴を通して+12vの電源供給を行っているとの事。

それだけ知っていれば、難しくはない。写真のように電源コネクターから導線を引っ張ってきて、4個目のねじ穴に接続すればokである。

もう一つの問題はヒートシンク。DAのヒートシンクでは、QSのCPUカード上のコンデンサーに接触して装着できない。また466MHz用では、熱容量も不足する可能性がある。オクで落札するなら、ヒートシンク付きの物を狙うに限る。

これらの知識だが、実はこちらのブログの受け売り。

知らずに、もしかしたら今頃、動かないCPUと合わないヒートシンクで、呆然としていたかもしれない。

偶然見つけた情報ではあるが、誠に感謝です。

落札品にはヒートシンクファンも付いていたが、こちらは装着を見送った。DAのロジックボードにはファン用のコネクターがなく、電源から直接モーターを回すしかないが、それだと回転数制御ができず、もともとウザイ音が更に増えそう。

元のヒートシンクよりも大型なので、自然通風でも充分行けそうと判断した。

夏場にどうなるか判らないが、しばらく様子見。

« 現在のウチのMac | トップページ | PowerMacG4 大改造のワケ »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208463/14558283

この記事へのトラックバック一覧です: PowerMacG4 DA のCPU交換:

« 現在のウチのMac | トップページ | PowerMacG4 大改造のワケ »

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器