スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

« Top Gear 最高! | トップページ | 超音波洗浄器 激安! »

2007年5月16日 (水)

PowerMacG4改ベンチマーク

Powermacg4_466800_ge3_1024m

今更だが、ウチのPowerMacG4改466MHz@800で、ベンチマークを取ってみましたよ。
使用ソフトはXbench1.3

上にも貼り付けてますが、詳細は以下のPDFを参照。

「powermacg4_466800_ge3_1024m.pdf」をダウンロード

「xbench_1.3 Baseline Results.pdf」をダウンロード(Xbench1.3基準マシンデータ)

ベンチマークの値は、基準マシンを100とした場合の値。総合結果23.23だから、PowerMacG5 2GHzデュアルに対して、約2割程度の性能というわけか。

単純計算で 0.8GHz÷(2GHz×2)=0.2 なので、まあ納得できるのだが、問題は、User Interface Test の値。この値ひとつだけ、7.39と足を引っ張っている。

User Interface Testとは、スクロールバーの付いたテキストウインドゥが表示されて、スクロールスピードを測るテスト。

こちらでも書いているように、ノーマルのままだと本当にスクロールスピードが体感でも遅くて、それで改造に走っているのだが。

CPUを800MHzにグレードアップしてもこの結果。いくらか速くなった気もしていたが、この数値を見せつけられると、かなり悲しい。やっぱり、SONNETの1.4Gとか付けないとダメなのか?

気を取り直して、他を見てみると、Disk Testの65.86は悪くない数値。Intel Macでも、ノート用2.5inch HDDの場合、50いかないらしいから。実際、OSやアプリの起動では、現状でも不満が無い。

無理にシリアルATA仕様にしなくても、ATA133の7200rpmドライブで十分だと思う。そんなのに金を使うより、CPUアップグレードカードを買うために貯金した方がいいだろう。

« Top Gear 最高! | トップページ | 超音波洗浄器 激安! »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208463/15095541

この記事へのトラックバック一覧です: PowerMacG4改ベンチマーク:

« Top Gear 最高! | トップページ | 超音波洗浄器 激安! »

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器