スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

« 刃物の必要な生活 | トップページ | 現在のキーボードとかマウスとか »

2007年6月10日 (日)

地球へ・・・ミュウの存在を置き換える

連続TVシリーズアニメとしてリニューアルされた「地球へ・・・」

大昔の劇場版をリアルタイムで観ている世代だし、最初は何を今更という感じだったのだが、ネットの無料ストリーム放送をきっかけに、ここ最近は毎週欠かさず観ている。

クオリティーの高いしっかりした作品で、感心している。

そこでふと思ったのだが、この作品で人類の異端であるエスパーの「ミュウ」という存在は、そのまんま「オタク」に置き換える事ができるのではないかと。

SD体制化での一般市民は、「ミュウ」を得体の知れない者、気持ちの悪い者として忌み嫌うのであるが、それは一般人が「オタク」をキモイと感じるのと同様である。

というか、「地球へ・・・」という作品のテーマは「一般人」対「異端者」であり、「オタク」に限らず全ての「異端者」をそこに当てはめて考える事ができるだろう。

一般人が、異端者に対し「気持ち悪い」と感じたり「排除したい」と考えるのは、自然であり普遍的感情なのだが、それでも尚彼らの側の都合、感情を思いやって、理性的に振る舞い、対立から融合への道を探ろうというのが、作者の掲げるメッセージなのだと思う。

原作をきちんと読み込んでいる旧来のファンからすれば、今更な話だとは思うが、近頃、明らかに「異端者」を差別、排除するような言論を見てしまい、余計にこんな感想をもってしまった。

土曜の午後6時なんて時間に、このアニメを観ているのは、まさに「オタク」しかいないのだろうが、むしろ「一般人」の若い世代にこそ観て欲しい作品だ。

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
竹宮惠子 ヤマサキオサム 斎賀みつき


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 刃物の必要な生活 | トップページ | 現在のキーボードとかマウスとか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208463/15375111

この記事へのトラックバック一覧です: 地球へ・・・ミュウの存在を置き換える:

« 刃物の必要な生活 | トップページ | 現在のキーボードとかマウスとか »

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器