スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

« 機動戦士ガンダム00 2nd season 第2話「ツインドライヴ」 感想 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第4話 「戦う理由」 感想 »

2008年10月19日 (日)

機動戦士ガンダム00 2nd season 第3話「アレルヤ奪還作戦」 感想

【ネタばれ注意】

先週のホーマー・カタギリの件。皆が「ビリーの叔父さん」だって云うもんだから、ファーストの方で、もしかして見忘れ?と思ってチェックし直したが該当者なし。いったいソースは何なんだ?って思ったら、アニメ雑誌に出てやんの。これが「メディアミックス」戦略ってやつですか。CDドラマでもそれらしき話があったとか。金払わんヤツは全部分かりませんよ、って話ですか、ひどス。

さーて、今週もツッコミどころ満載の楽しい時間、
機動戦士ガンダム00 2nd season 第3話「アレルヤ奪還作戦」の感想でありますよ。
冒頭、収監されたマリナ姫の尋問。
刹那と接触していた過去があるので、最重要人物ってことらしいですよ。
かくまってたとか、居場所を知ってるとか・・・・・・あらぬ疑いを掛けられちゃってますな。
しかし、一国のお姫様ともあろうお方が、あっさり捕まるというか、お付の者もいないで一人で住んでいるのも不思議な感じ。権力を失って亡命生活てやつですか。

オープニング後
連邦政府の高官(誰?雑誌を買えってかw)と、声のみの回線で話し合うリボンズ。
ふーん人じゃないって、イノベーターさんですか。
宇宙人ですか?どの辺が進化してるんですかね。年をとらないとか?
中の人も、いつもお若いですね、結構な年の筈だけどw

「イオリアの計画を忠実に実行している」とのたまっているが、今回お釈迦様の掌で踊らされる道化の役は、彼のような気がするな。

でリボンズ君にとっては、不幸なマリナ姫はソレスタルビーイングを呼び寄せる餌扱いでありますよ。
アレルヤだけでは不足、念には念をですかw

シーン変わって、監獄。
餌の一人の実験体E57(この数字にはなんか意味があるのか?)とソーマのご対面。
対面しても、脳領思波の干渉は認められず。異常を起こしていたのは二重人格だった所為で、ハレルヤの方はさよならしちゃったので、もう大丈夫ってことか。

アレルヤは相変わらず「マリー……」であります。過去の記憶の方が幸せとは限らないが、どうなんでしょ?

さて餌に食いつく方は、ロックオン弟が戦力になるかどうか不安なところ。
やはり、モビルスーツの操縦経験はない模様。まあ、素人なのに立派に乗りこなして、後で「凄い」と言わせる魂胆だな。
スメラギも相変わらず飲んだっくれ。まあ、この人は痛い最期をいつか見せてくれるでしょうw

沙慈くんもCBの洗脳作戦に、今週も抵抗してますw
「自分だけ平和ならそれでいいのか」刹那の言うとおりだよ、サジくーん。

ソーマ、セルゲイにマリーのことを訊ねる。
知らんなーって、超人機関の資料 全部読んで覚えているのか?そんな事が出来るのはハガレンのメガネのネーちゃんぐらいなもんだろうって(あの設定も酷いよな)。まあ、記録にもない謎という設定ですな。

ソーマやマネキンらアロウズの面々が監獄の警備を固めつつ準備する様子を、崖の上から観察しているのはモビルアーマーなのか?
搭乗者はトリニティの生き残りですよ。報告の相手はチャイナですな。
チャイナめ、何を考えているんだか?相変わらず連邦とCBの双方に情報をばら撒いております。
今回大ボスになるのは、チャイナのような気が。
リボンズはチャイナに踊らされる役回りのように感じるが、真相は如何に?

それにしても こんな怪しい女、よく信じていられるな双方とも。
少しは疑えよ、100%信じ切っているのが何とも笑える。

で、アル中女に作戦を立てさせるわけだ。ソレスタルビーイングってどんだけオメデタイんだwwww

自信を失くした、しかも酒びたりの女に命を預けられるなんて現実にはありえないよな。
そのうち立ち直ってハッピーエンドを迎えるって展開なんでしょうか?
この人は、ビリーに負い目を感じつつ散っていく方がお似合いのように思える。

まあ、誰もが感心する様な凄い作戦なら納得だが、トレミーとガンダムの性能に頼った強引な作戦がこの後展開されるという訳だな。

ガンダム00出撃準備中、「トランザム使用するなよ」って、あんたさあ、トランザム使わないと起動出来なかったって先週の話はいったいどうなってんのよ?結局、刹那が根性入れれば起動できるのかよ。説明なしかい、そうですかい( ´_ゝ`)フーン

「なんだいこりゃ」「それでこそスメラギ・李・ノリエガ」w的な、成功もおぼつかなさそうな電撃作戦というのに、ティエリアが余計なことを刹那に伝える。
マリアも施設にいるぞと。この回は「アレルヤ奪還作戦」なんでは?なんでそこにマリアをからめるかなー、ティエリアさんよ?餌のその2も食べたくなっちゃったって事か。ひどいシナリオwww

いや、スメラギさんの作戦に折込済みなら納得だけど、どうみても「ついでにやっちゃえ」って感じなんだが?
やっぱりスメラギのこと本心では何とも思ってないだろお前ら。

刹那、アレルヤと接触成功。端末だけ渡して、自分でアリオス(羽付ガンダム)との接触ポイントまで行けと。

いくら急いでいるといっても、せめて武器ぐらい置いてけよw
そんな訳だから、ソーマに見つかって銃を突きつけられてしまう。いわんこっちゃない。

ソーマもさっさと撃っちゃえばいいのにさ。撃てないのは大事な実験体だから?都合のいいシナリオだな。

はいはい、フルネームがわかりましたよ。「マリー・パーファシー」だってさ。過去の記憶が蘇って苦しむソーマ。
そこにセルゲイの息子らがやってきて、銃撃されながらもアリオスに乗り込むアレルヤ。本当に都合がいい。

その間、刹那はマリナ救出に。
「ドアから離れろ」
乱暴だな。プラスチック爆弾の一撃で鍵開いちゃうんですか?
てゆうか、最重要人物にしちゃ警備が手薄??アレルヤも同様だけど。

最初戦力にならないと思われたロックオン弟だが、天才的能力を発揮して活躍。しかも彼は、作戦中にカタロンのメンバーと連絡を取り合って、収監されていたカタロンの囚人達を逃がす作戦も成功させたようだ。
本当にモビルスーツの操縦経験がないのか、怪しいところだ。

カタロンに参加している元マリナの側近シーリンだが、マリナが収監されていたと聞いて派手に驚く。
いまさら何驚いてんの、そんなに心配だったら、最初から離れなきゃ良かったのによ。その辺の事情が良く分からん。

アニメージュ 2008年 11月号 [雑誌]アニメージュ 2008年 11月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

雑誌読まないとわかんねー

« 機動戦士ガンダム00 2nd season 第2話「ツインドライヴ」 感想 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第4話 「戦う理由」 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208463/42839617

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 2nd season 第3話「アレルヤ奪還作戦」 感想:

» 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第3話「アレルヤ奪還作戦」 [アニメのストーリーと感想]
 カタロン掃討作戦に武力介入したガンダムの存在は、アロウズ司令官ホーマー・カタギリーに組織に精鋭を招集する事を決断させた。そのメンバーは、かつてガンダムと戦った元AEUの大佐カティ・マネキン。元人革連の超兵ソーマ・ピーリスとセルゲイの息子アンドレイ・スミル... [続きを読む]

» (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第3話 「アレルヤ奪還作戦」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アレルヤは反政府勢力収監施設に拘束されていた。尋問に立ち会うピ―リスに、アレルヤは「マリ―」へと呼びかけるがその声は届かない。アレルヤが収監施設に捕らえられていることを知ったプトレマイオスクル―。ソレスタルビ―イン...... [続きを読む]

» 10月25日バザーまで1週間&ガンダムOO [別館ヒガシ日記]
10月25日まで1週間は堺市の中百舌鳥にある 堺市産業振興センター(旧じばしん)で開催される 「堺ものづくりフェア&物産展2008」に麦の会と言う 私が働いてる作業所も参加しパウンドなど販売し 私も25日は販売員として参加し販売しますので 当ブログを閲覧して頂い... [続きを読む]

» 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第3話「アレルヤ奪還作戦」 [MAGI☆の日記]
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第3話を見ました。第3話 アレルヤ奪還作戦「あなたは4年前に起こったアザディスタンの内紛でソレスタルビーイングのメンバーと接触していますね?」「その時のことは4年前にもお話ししたはずです」「当時と今とでは状況が違う。新たなガ...... [続きを読む]

» 機動戦士ガンダム00 2ND SEASON第3話『アレルヤ奪還作戦』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
『後悔はしない。たとえミッションに失敗しようとも、あんたのせいなんかにしない。俺達はどんなことをしてでも、アレルヤを・・・「仲間」を助けたいんだ。頼む、俺達に戦術をくれ。』 タイトル通り、待ちに待ったアレルヤメイン回・・・ですが、次回予告でフェルトがライルにキスされるシーンに全部持っていかれたような気もする第3話ですww マリナを連れ去ったのはやはり連邦でした。 『当時と今とでは状況が違う。新たなガンダムが出現した今、あなたは再び最重要人物となったのです。アザディスタン王国第1皇女、マリナ・イス... [続きを読む]

« 機動戦士ガンダム00 2nd season 第2話「ツインドライヴ」 感想 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第4話 「戦う理由」 感想 »

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器