スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

カテゴリー「アニメ・コミック」の93件の記事

2010年6月22日 (火)

殆ど1年ぶりのイラスト(汗

03_2

前回が2009/7/4日、1年に1枚のペースってどんだけ。
反省しろ。

前回の1ヶ月後ぐらいにうぷするつもりで、水着にしようと考えたんだけど、どういうわけかここまで延びちゃったとw
次も水着で7月中にうぷできたらいいなー。

2009年7月 4日 (土)

夏服セーラー全身イラスト完成

02 いつまでかかってんだー、って感じで一応完成。
レイヤー数109枚、効率悪すぎ?
主線が太すぎる感じなので、次からは細くしてみよう。

2009年6月21日 (日)

2DCG全身イラスト彩色途中

022 先週クリーンアップした全身イラストを、Photoshop Elementsで色を塗り始めた。1週間でまだ完成していない(^-^;
レイヤーの分割編集に殆ど時間を食われて、結局色はあまり塗れなかった。

02 現時点でレイヤーは約60枚。
主線をクリーンアップしたときも既にレイヤーは20枚あったが、各パーツ毎に面彩色用のレイヤーと主線彩色用のレイヤーをそれぞれ加えるので(元のレイヤーはコピー元として残す)、3倍の60枚となる。
これから、影を2段落としで加えるので、単純計算で180枚程度になるだろう。
まあ全部使うわけではないので、最終的にはもっと少なくなると思うが。

Elementsはレイヤーをフォルダで管理できないのが辛いところだ。

2009年6月13日 (土)

ラフイラストをクリーンアップ

02 左手のポーズを少し変えた。
コミックスタジオで、前回のラフイラストを下書きにして、仕上げのレイヤーでトレースする。
これがなかなか綺麗な線が引けずに苦労する。
まあ、何度でもやり直しは利くのだが・・・・・・何時かは慣れると思って頑張るしかない。

後の色塗りの事も考えて、レイヤーは細かく切っていく。現段階で20枚くらい。

2009年6月 7日 (日)

全身イラストのラフ

02 予告どおり全身のイラストですよ。
ラフのままで、本ちゃんの線画ではないですが。
前のは本ちゃん始めてからデッサンの狂いが気になって脱力したので、ラフ描いたところで、暫く時間を置いた方がいいかもって事で。


2009年6月 6日 (土)

色を塗ってみた

01 昨日の線画に色を塗ってみた。
A4 1200dpiのままだと重すぎるので、解像度はそのままで、A5サイズに縮小。
ソフトはPhotoshop Elements3.0で何とかした。

下手でも色ぬりゃ何とかなるもんだよw

次は全身入った絵を描いてみよう。

2009年6月 5日 (金)

タブレットでお絵描き

01 intuos3 PTZ-630を買ってから、ようやくこんなへたれイラストが一枚。

線の汚いラフイラストならいくらでも描けたと思うけど、最終的に作品と呼べるものを描けないと意味ないから。
綺麗な線を引くための基礎練習みたいなものをやっていたと。

ええ、ぜんぜんダメでした(^-^;

結局、コミスタの補正機能使いまくりで、ビビリ線をごまかすという情けなさ。

ところで、皆さんいったい画像の解像度はどうしているのだろうか?
印刷に耐える解像度ってことでA4サイズ1200dpiでやったら、重い重い。
そりゃ、アマチュアのお遊びならそんな解像度は必要ないが、プロのイラストレーターさんはそれくらい必要だと思うんだけど。
今はもちろん凄いマシン使ってるかもしれないが、5年ぐらい前だったらプロでもスペックは自分のPCと大して変らなかったはず。
モノクロ線画だけでも重いのに、この先色塗りだしたらやってられんぞ。

解像度の設定って、色の塗り方のテクニック以前に決めなきゃいけない基本だと思うが、ググってもよくわからんのよね。
300dpi程度でも行けそうな気がするが、手元にある8年ぐらい前の本だと、漫画の主線は白黒2値で1200dpiで取込めとか書いてあるから。
最初からアンチエイリアスなんか掛けちゃうと、後々まずいと思うが、そうでもないのだろうか?

2009年4月26日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
第4話『錬金術師の苦悩』感想


【ネタばれ注意】

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
第4話『錬金術師の苦悩』の感想

単なる前作のダイジェスト版的扱いだったら、暫く書くのは保留するつもりだったが、何と!これは書かずにはいられない。

綴命(ていめい)の錬金術師
ショウ・タッカーが今回で死んでしまった!!
前作では自ら面妖なキメラになって後半までずっと生きていた筈。

まあ、あんなキモイ姿を最後まで見続けずに済むのはありがたいw

他にも違うところは数多い。
前作ではタッカーの家に長期逗留して国家錬金術師の試験勉強に励むエドだったが、既に試験をパスしているから当然これも無し。
タッカーの娘ニーナと犬のアレキサンダーとの付き合いもアッサリとなっているため、今回初めて見る視聴者は、前作の視聴者が感じた程には悲惨な気持ちになる事もないだろう。

キメラとなったニーナの殺害現場も、市街ではなく、タッカーと同時に自宅となった。
殺害犯を捜すミステリー仕立てのドラマはなく、スカーが手を下す場面が描かれた。

これは、一体どういうことか?

やはりネタバレしている以上、分かっている事は丁寧に表現しないで、別の物語に重点を置こうとしているのだな。
スカーの存在と力を今更隠す必要はないということだ。

そして、タッカーをここで殺す事で、前回とは違う事を、はっきり宣言したのだろう。

個人的希望としては、前作あまり出番のなかった「光のホーエンハイム」氏の活躍を願いたいところだ。
オープニングでも存在感があるだけに、やってくれるような気がする。

次回 第5話『哀しみの雨』


2009年4月19日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
第3話『邪教の街』感想


【ネタばれ注意】

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
第3話『邪教の街』の感想

偽の賢者の石を使っていたペテン師、教主コーネロの例の話。
前作ではこのエピソードが1話にきていた。

つまんない、リメイクでなんか変ったのか?
前のヤツ詳しく見直せば、そりゃ微妙な違いはあるだろう。
エルリック兄弟が禁忌を犯すシーンが冒頭にあって、
そのあと砂漠>リオールってところは勿論違う。
リオールについてからの話が、印象的に全く同じじゃねーのって意味。

前作ではロゼの恋人のエグイ姿を見たような気が。

もう、感想書けっていっても無理。「エルリック兄弟かわいい、ハァハァ」なんて言えないしw
絵柄は少しシブイ感じになった気もするけど。こっちの方が原作風なのか?

うちの方でやってるアニメは本当に少なくて、そりゃサザエさんはやってるけどw
残念だけど暫くやめますよ。リメイクの意義が感じられる回があったら、感想書きましょ。

前にどこかで、「放送中に感想書くのっておかしい、全部見てから書くべきだ」って意見を目にしたが、全くその通りなのかも知れない。
毎週リアルタイムで感想を書く理由もあるから、その通りにしていたけど、

このアニメに関しては、もう無理ですわ。

次回 第4話『錬金術師の苦悩』
タッカーのキモイ姿と娘の悲惨な死を思い出しちゃったよー、やだやだ。

あーあ、けいおん!や東のエデン見てーよorz
本当は見てるんだけど、それは禁忌を犯すことになるので自重なんですわ。

2009年4月12日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
第2話『はじまりの日』感想


【ネタばれ注意】

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
第2話『はじまりの日』の感想

先週の疑問だが、やっぱり全くの焼き直しリメイクなのね。
しかも、今回は原作に忠実な形でのリメイクということらしい。

前作がどれくらい原作から離れていたのか、全く知らないが、
"人体練成の禁忌を犯して、身体を失ったエルリック兄弟が、 それを取り戻す為に賢者の石を探して旅をする"
という基本線は同じなんだろう。

てことで、かなり興味がそがれてしまった。
前作の時も、絵が全く好みでなく、本放送時は録画はしていたものの放置。
後で評判を聞いて、見始めたらストーリーが面白かったので、一気にまとめ見だった。
次のネタが見たくて、どんどん見た訳だが、ネタが割れている今回、果たして面白く見られるものだろうか?

勿論、ネタが分かっていても面白く見られる作品はある。
漫画だと動いていない物が、かっこよくアクションするような場合や、キャラに思い入れがある場合は
アニメになってよかった事もある。

だが、ストーリーが1番の売りである場合、その魅力はかなり落ちてしまうのではないか?
いわば、犯人が最初から分かっている『刑事コロンボ』のような物だ。
刑事コロンボは犯人探しを捨てて、別の魅力を創出したから成功したが、本作には何があるのだろう?

原作を知らないので想像だが、別の魅力を創出する為にあえて原作から離れたのが、前作だったのでは。
原作に忠実というコンセプトは、下手をすればそれだけのつまらない作品に成り下がる危険がある。

更に前作は決して失敗作ではなく、評価の高い作品だ。
前作の成功がなければ、水島監督がガンダム00を担当する事もなかったといえる。
それ故、前作を超える作品とするのは難しい。

リメイクの成功例としては京アニの『カノン』があるが、あれは前作が失敗作だったからで、今回はそれとは違うチャレンジングな企画だ。


さて今回、それでどうだったかというと、やはり面白くない。
大総統の正体を知らないのと知っているのとでは、全然違うわけでw

初回に続いて、単なる説明回といったところ。
今回は、エルリック兄弟が禁忌を犯すところだけで済ますのかと思っていたが、国家錬金術師の試験をパスして『鋼』の銘を受けるところも含まれている。
前作はここのところ、たっぷり時間をかけていたように思うのだが。
時間をかけるべきところは、ここではないという事か?

次回 第3話『邪教の街』


P.S. 京アニ『カノン』だけど実は見ていない。原作ゲームをやっているので、最初のアニメも途中で投げ出したし、 リメイク版も興味がもてなかった。風の噂で評価が高いと聞いているだけなんだよね。
お前はリメイクについて語る資格がない、と突っ込まれたら反論できないかも。

より以前の記事一覧

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器