スポンサード リンク

無料ブログはココログ

EeePC関連

  • 超小型microSDリーダ
  • AmazonベーシックSDHC
  • リカバリ用にあると便利

カテゴリー「心と体」の10件の記事

2010年2月16日 (火)

ナノイー発生機とシリコーン含有製品の使用について

プラズマクラスターイオン発生機を購入して悩んでいたアレルギー性鼻炎の症状が緩和され、大変満足していたのだが、取り扱い説明書には少々気になる記述があった。

SHARPプラズマクラスターイオン発生機IG-B100取扱説明書(pdfファイル)

上のリンク先はIG-A100の後継機IG-B100のものであるが、5ページの使用上の注意の最後に
『プラズマクラスターイオン発生機の近くでは、フッ素樹脂やシリコーンを配合した化粧品などは使わない。』
と記述されている。
具体的には、ヘアケア製品の多くに艶出し剤として上記の物質が含まれている。
ちなみに、IG-A100の場合はシリコーンだけで、フッ素樹脂については後で追加されたようだ。

これを使用するとイオンを発生する電極部分に付着して、放電が妨がれて機能しなくなる恐れがあるというわけだ。
それで個人的事情なのだが、趣味の関係でシリコーンを大量に保有・使用することがある為、頭を抱えてしまった。

幸いすぐにシリコーンを使う事もなかったので、様子を見ていたところ新たにパナソニックが、プラズマクラスターに対抗してナノイー発生機F-GME15を発売した。

Panasonicナノイー発生機F-GME15取扱説明書(pdfファイル)

検索で上記取扱説明書を探し出し、使用上の注意を確認したところ、こちらにはフッ素樹脂やシリコーンを配合した製品の使用を制限する記述がなかったため今回新たに購入することにした。

ところが、話はこれで終わりではない。

実は、説明書に書いてないがナノイー発生機の方も「使わないで欲しい」といわれてしまったのだorz
買う前に調べるべきところだが、少々心配だったので、サポートにメールで問い合わせたのである。
>メールに記載された内容の転載や二次利用はご遠慮ください
ということで転載できないのだが、簡単にまとめると
ナノイー発生ユニット自体は影響がないが、他の電子部品には影響がでる事もあるので使わないで欲しいという返事だった。
もしシリコーンを使うときは、ナノイー発生機の電源を切って他の部屋に隔離。使用を再開するときは、シリコーンを密閉容器に保存するか他の部屋に隔離したのち換気を十分に行ってから、電源を入れる事となる。

サポートの返事をまじめに実行するなら、買い換える意味なしである。

まあ、しかし電子部品に影響があるというなら、部屋に置いてある家電製品やパソコンも同じ条件だ。こいつらも平気であるはずがない。クレームを警戒して最悪のケースを想定しての返事ということも考えられよう。

少なくとも、説明書に明記されているプラズマクラスターよりはマシなはず。自己責任で、絶対とはいえないが、シリコーン入りのヘアケア用品を使ったりするなら、ナノイーをお勧めする。


Panasonic ナノイー発生機F-GME15(楽天の検索結果一覧)

2010年2月14日 (日)

ナノイー発生機 F-GME15 レビュー

久々の更新だが、前にも触れたパナソニックのナノイー発生機 F-GME15を購入した。
既に1ヶ月ほど使用して見た上での感想を書き留める。

Nanoe01_4 シャープ プラズマクラスターイオン発生機 IG-A100と並べたところ。
高さはやや低く、幅はやや広い。ハイテクイメージのIG-A100に対し、白物家電的スタイル。
人により印象は違うだろうが、ゴミ箱みたいだw

Nanoe02_2 吸気口はIG-A100の場合両サイドにあるが、F-GME15は背面のみである。
IG-A100は本体左右と背面からの距離を説明書に指定されていて設置面積が大きかった。
F-GME15は具体的な距離は指定されず背面の吸気口をふさぐ事がないように注意するだけだ。置き場所はこちらの方が気を使わなくても済むだろう。
IG-A100の後継機IG-B100は持ち運びのための取っ手があるが、F-GME15にはそのような工夫はない。
IG-A100同様両手で抱えて持ち運ぶが、幅が広い分持ち上げにくい印象だ。

Nanoe03_2 吹き出し口のルーバーは4段階に角度を変えることが出来る。
最小角度。机上で顔に直接風を送りたい時などはこの位置で。
Nanoe04_2 最大角度。
写真では全部白く見えるが、ルーバーとその周囲は、他の部分と違う若干透明感があるプラスチックで、電源が入るとスイッチの近くの弱/強の部分がLEDで青く光る。
IG-A100のLEDはまぶし過ぎたが、こちらはボンヤリ光る感じ。

外観の説明はこのくらいにして、肝心の使用感を。
なにぶん目に見えて効果が分かるものではないのだが、鼻炎についてはプラズマクラスター同様の効果がありそうだ。これに変えてから、症状が悪化する事はなかったから。
消臭効果も、プラズマクラスター同様の効果を感じる。
少なくとも、効果が感じられなくて、がっかりする事はないと思う。インフルエンザウイルスについては、プラズマクラスター同様、自分では何もいう事は出来ないが。

IG-A100使用者の多くが指摘する騒音については、F-GME15は大変静かで殆ど気になる事はないだろう。ファンの音が小さいのはもちろん、放電音も小さい音で気にならない。
IG-A100ではジージーという断続音で、人によってはかなり耳障りなものらしいが、切れ目のない連続音なのでファンの音に隠れて目立たない。
IG-A100の後継機IG-B100もファンの音は改良で小さくなったが、放電音は相変わらずで、かえって気になるようになってしまったという感想がある。
放電音が気になる人はナノイー発生機の方が良いかも知れない。

最後に、シリコーン含有製品の使用について。
以前述べたように、プラズマクラスターを持っているのにナノイーを新たに買った理由は、プラズマクラスターイオン発生機の説明書にシリコーン含有製品の使用を制限する記述があったためだ。
長くなるので、これについては別記事とする。


Panasonic ナノイー発生機F-GME15(楽天の検索結果一覧)

2009年11月27日 (金)

車載用プラズマクラスターイオン発生機「IG-BC15」発表

コンパクトなナノイー発生機「F-GME03」の発表で、パナソニックの挑戦状を受ける形になったシャープだが、なんと11月24日パナのリリースと同日、デンソーと共同開発した車載用プラズマクラスターイオン発生機「IG-BC15」を発表した。

シャープ、自動車用プラズマクラスターイオン発生機 - 家電Watch

従来あったコンパクトタイプの「IG-B20」でも車内に持ち込んで利用しているユーザーは多かったが、100Vのインバーターや別売りの乾電池ケースを買うなど電源の確保が面倒であった。また、正規の使用方法から外れるため故障したり保証が受けられないというリスクもあった。
今回の「IG-BC15」はそうしたユーザーのニーズを反映した待望の商品といえよう。

また、車のカップホルダーに収まる丸くてコンパクトな外観のため、旅行などの持ち運び用としても好適である。そうしたニーズに応える為、カーアダプターの替わりにACアダプターを同梱した「IG-BA15」も同時発売。それぞれのアダプターは別売りもあるのは嬉しい配慮だ。

12月15日に発売、店頭予想価格は13,000円前後となっているが、これは「IG-B20」よりも2千円ほど安い価格設定だ。販売が始まれば「IG-B20」より安くなることも期待できそうだ。



シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-BC15」(楽天の検索結果一覧)



シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-BA15」(楽天の検索結果一覧)


2009年11月26日 (木)

プラズマクラスターIG-B20に対抗か、ナノイー発生機F-GME03

先日、プラズマクラスターイオン発生機はシリコーンのある環境では使えない為、次はナノイー発生機F-GME15を買ってみたいと書いたばかりだが、何とコンパクトなサイズの新型ナノイー発生機F-GME03が発表された。

パナソニック、机の上に置けるコンパクトな“ナノイー”発生機 - 家電Watch

本体サイズは122×122×180mm(幅×奥行き×高さ)と、IG-B20より2まわりほど大きいサイズだが、その分パワーも大きく適用床面積は2畳になっている。
大きいとはいっても、十分コンパクトでデスクトップにも置ける大きさだ。シャープのIG-B20に対抗して真似した電器Panasonicが送り込んできた刺客といえよう。
12月中旬に発売で店頭予想価格は17,000~18,000円前後となっているが、先行して現在発売中のF-GME15(8畳用)がほぼ同じ値段まで下がっているので、発売後しばらく様子をみれば1万円前後まで下がるものと思われる。

洗面所兼脱衣所で使用するなら2畳用で十分なので、今後の価格によってはF-GME15ではなくF-GME03を買うことになるかもしれない。



Panasonic ナノイー発生機F-GME03(楽天の検索結果一覧)

Panasonic ナノイー発生機F-GME15(楽天の検索結果一覧)


2009年11月23日 (月)

プラズマクラスターイオン発生機の誰も書かない欠点

SHARPプラズマクラスターイオン発生機IG-A100、IG-B20をいまのところ大変満足して使っているが、これらには自分が見る限り誰も書いていない意外な欠点がある。それは

シリコーンがある環境では使えないのだ。

シリコーンって何?かといえば具体的には、以下のような商品に配合されている成分である。
ヘアケア商品(枝毛コート剤、ムース、トリートメント等)、化粧品、デオドラントスプレー、静電防止剤、撥水スプレー、艶出し剤、ガラスクリーナー、化学ぞうきんetc.

プラズマクラスターイオン発生機の近くでこれらを使用すると、本体内部に付着して、イオンが発生しなくなってしまうと、取扱説明書に記述がある。

こういう大事なことが、ネットでの口コミはもちろん、シャープのホームページにも書いてないのは大問題だ。

プラズマクラスターイオン発生ユニットの交換について
● 使用環境や使用場所(食用油など油成分が浮遊している場所、ホコリや湿気の多い場所、スプレーや化学薬品を使う場所など)により交換時期が早くなる場合があります。

一応上記のような記述は見られるが、"シリコーン"がダメとはどこにも書いていない。

IG-B20を購入したとき、広さ的に洗面所兼脱衣所でも使いたいと思ったのだが、ヘアケア商品を使用することがある為使用を断念した。
また、一般的な話ではないのだが、自分は模型の複製でシリコーンゴムを使用することがある。
IG-B20とIG-A100を購入してから一度もそれらを使用した作業は行っていないし、もちろん作業を行うときはビニール袋に本体を入れて隔離するつもりだ。
だが、硬化したゴム型がいくつか部屋の中に置いてある。硬化したゴムでも、表面にはシリコーンオイルが染み出してくる。
エアゾールスプレーのように空中に飛散するものではないが、化学ぞうきんもダメというなら、影響が無いとは言い切れないだろう。

それにしても、シャープの姿勢もひどいが、口コミでも全然書かれていないのは何故だ?スイッチ入れるだけの商品だから皆まともに説明書を読んでいないのだろうか。
音がうるさい事ばかりクローズアップされているが、「ヘアケア用品を使えない」って事も大事な話だろう。

それでは、シリコーンの影響を受けない同種の製品はないものだろうか?
シャープに限らずハッキリそういう情報があるわけではないのだが、Panasonicがマネシタ電器らしく(w)今秋新発売したナノイー発生機F-GME15を思い出した。
ナノイーといえば、空気清浄機もあるが美容方面が有名。ヘアードライヤーもあるではないか!
ヘアードライヤーであれば当然ヘアケア用品も同時に使用されるわけで、ナノイーはシリコーンに耐性があるはずである。
ということで、そのうち洗面所用にはPanasonic ナノイー発生機F-GME15を買ってみたいと思う。

 
Panasonic ナノイー発生機F-GME15(楽天の検索結果一覧)


2009年11月17日 (火)

プラズマクラスターイオン発生機「IG-A100」ファーストレビュー

念願かなってついに購入したシャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-A100」
とりあえず3日ほど使ってみた感想。
最も気になっていた、通年性のアレルギー鼻炎の抑制効果だが、一応満足。
一応と但し書きが付いてしまうのは、完全に症状がなくなった訳ではないから、といったら厳しすぎるか?
1畳用の「IG-B20」でもある程度の効果があったので、6畳用だったらどんだけ凄いのかと期待がしたのだが、効果自体はそんなに変わらなかったなって感じ。
スポット的にしか効かなかったのが、部屋全体で効くようになったという、それだけなのが、まんまというか面白い。
まあ、でもこれは「IG-B20」を買った後だからで、普通は大満足でも良い位でしょ。
それまで鼻水ダラダラで、薬を飲まずにはいられなかったのが、たまに鼻をすする位で済んでいるのだから。
逆に効く範囲が狭くとも効果のあった「IG-B20」の凄さを見直してしまった。

Iga100_02 大きさを比較するとこんな感じ。
参考にWindows7のパッケージを並べてみた。


上の写真で分かるように本体の大きさ自体は割りとコンパクトなので、机の上とかちょっとした空間に置けそうな気がするのだが、そうではないのが残念。
説明書によれば、左右それぞれ20センチ以上、背面15センチ以上を空けなくてはダメで、想像以上に設置面積を食ってしまう。
「IG-B20」は効く範囲が狭いかわりに身の近くに置けたが、「IG-A100」は自分の場合すぐ近くにはスペースがなくて結局部屋の隅の離れた場所に置く事になる。
まあ、部屋全体プラズマクラスターイオンが行渡るパワーがあるからいいのだけど。

音に関しては、巷の評判では大変うるさいというので、心配だったが、全然問題なかった。
「IG-B20」と比べるとむしろ静かに感じるくらい。
カタログの数値ではB20の方が小さいのだが、音質的に「IG-A100」の方が気にならない。
「IG-B20」は小型の分、かん高くて安っぽい「グワー」という感じで、「IG-A100」は中低音が太った「ブオー」という音なのだ。感覚的なものだが、自分はこちらの方がうるさく感じない。
また、一番うるさい音は上部から噴出す風切り音で、上から覗き込むと大変やかましい感じがするが、少し離れてしまうと案外聞こえなくなって、モーターのうなる音だけが目立ってくる。
夜寝る時も枕元に置くとさすがにうるさいが、足元の方に置けば強運転でも平気だった。
ファンの音は以上のような感じだが、人によってはイオンの発生する高周波音が気になるかもしれない。これは中年の自分は全く気にならないが、若い人だと何とも云えない。

寝るときの置き場所だが、音の大きさ以外にも枕元には置かないほうが良いようだ。
というのは、ファンが強力なので頭の近くで対流が起こって、喉が渇いて痛くなるからだ。
1日目の夜、枕元に置いたら朝のどに若干の痛みを感じて、2chで「枕元に置いたら症状が悪化した」という様なカキコを思い出した。あちゃーと思って、2日目以降は足元に移動したら調子が良かった。
良く考えてみれば、「IG-B20」の時は枕元に置いた方が調子が良かったので、ファンが強力な分、直接風が当たってなくても対流で喉が渇いてしまうのだろう。
まだ試していないが、弱運転であれば枕元でも平気かもしれない。

今のところこんな感じだ。比べてみて分かったが、案外「IG-B20」も悪くない。使い方次第なのだろう
また何か分かったら報告したい。


シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」(楽天の検索結果一覧)

シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-A100」(楽天の検索結果一覧)

シャープ '09年新型プラズマクラスターイオン発生機「IG-B100」(楽天の検索結果一覧)

2009年11月12日 (木)

6畳用プラズマクラスターイオン発生機「IG-A100」購入

先日も書いたように、1畳用のプラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」では、効果は確かにあるようだがパワー不足の為、6畳用プラズマクラスターイオン発生機を新たに購入した。
新型の後継機「IG-B100」が既に発売中だが、資金に余裕がないので楽天の最低価格を調べて、より安かった旧型の「IG-A100」を購入した。
といっても、価格差はわずか2000円ほど。しかも新型は本体の大きさやプラズマクラスターイオンの放出量は変わっていないが、静音性や省エネ性が進化、持ち運び用取っ手が付くなど使い勝手が向上している。
よほどの事がない限り、新型を選ぶのが賢明だろう。
夏頃には1万5000円台の出物もあったのだが、既にシーズンに突入しているので、とてもそれは無理。何とか1万9000円台で確保した。

Iga100_01 「IG-B20」は贈答用を意識して綺麗な化粧箱に入っていたが、「IG-A100」は一般的なダンボール。
箱の大きさもまさに、ほぼ6倍である。

2,3日使ってみてからファーストレビューを報告したい。

シャープ プラズマクラスターイオン発生機の価格はこちらでチェック(楽天の検索結果一覧)

2009年11月11日 (水)

プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」その後のレビュー

ファーストレビューを書いてからずいぶん日が経ってしまったが、シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」のその後の具合を報告したい。
前回、トイレの臭気に効果があることは確認できたが、何もそれが目的で購入したわけではない。
自分は通年性の鼻炎で悩んでいて、少しでも症状を緩和したかったというのが、本当の理由だ。

結論は、
確かに効果は感じる、だが効果的な使い方が難しい。

一応症状は緩和されるのが分かるのだが、「IG-B20」は1畳用なので置き方を工夫する等いろいろ試して見ないと効果を感じにくいということだ。
仕事中はパソコンデスクのすぐそばで、就寝事にはベッドの近くに置いて(それぞれ別室)、ほぼ24時間強運転で稼動させているが、セッティングの仕方で効果が全然違う。
初めはコツがつかめず、全く効果を感じなかった。

通年性の鼻炎で薬を飲んでいないと水ばながタラーリたれまくる困った症状なのだが、効果を確かめるために薬をやめてみるわけだ。調子がいいと思っても、暫くすると薬が切れると、鼻水がたれてくるのでは、効果がないと判断できる。
多少薬が切れるインターバルが長くなった気もしたが、プラセボみたいなもんだろう。
てな感じで、最初は期待に反してまるで効いてくれなかった。
寝室だけに24時間置いて様子をみた事もあるが、そのときは部屋の空気が確かに爽やかになったように感じたものの、やっぱり就寝中に鼻がズルズルになって、朝息苦しいという結果だった。

そんな感じで、消臭効果は認めていたが、アレルギーには効かないかと半分諦めていたのだが、今月になって置き方を以前と変えてみたら、症状が軽くなってきた。
以前就寝中はベッドの近くに置くといっても、音が煩いのと、枕元に置いていたら症状が悪くなったという話を2chで見たので、頭から1メートルぐらい離して床に置いていた。それを、ダメ元で思いっきり頭の近く、ベッドの高さと同じテーブルの上で、枕の後ろ側30センチくらいのところに置いてみた。
するとどうだろう、朝起きたときに鼻づまりで息苦しくならず、のどに痰が絡まる症状も殆ど気にならなくなったのだ。

「おおー」って感じで、昼も置き場所を変えてみたら、こっちも調子が良い。こちらは以前から、椅子のすぐ足元30センチぐらいに置いていたのだが、単に身体の右側だったのを左に変えただけ。
寒くなったのでエアコンの暖房を入れたのだけど、風上が左なのだ。そうしたら、エアコンを使っていなかった時より調子が良いw
そんな感じでこの一週間ほどは、薬を飲まずに何とかやり過ごしている。

予算がなくて仕方なく1畳用の「IG-B20」をとりあえず買ったのだが、こうなったらやっぱり部屋全体に効き目のありそうな6畳用の「IG-A100」か、その後継新型である「IG-B100」が欲しいなー。
【追記】6畳用「IG-A100」買っちゃいました

シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」(楽天の検索結果一覧)

2009年9月20日 (日)

プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」到着 ファーストレビュー

Igb20_01 先日ポチった、SHARPプラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」が到着。
さっそく使ってみたので報告。

←こんな感じのおしゃれな白い化粧箱に入っていた。
※どうやら、本体の色で箱の色も変わるらしい。
→参考記事

Igb20_02 主要な内容物は、プラズマクラスターイオン発生機本体、ACアダプタ、コードホルダーの三点。
本体にはプロモーション用シールが貼られている。
ACアダプタは携帯電話用とほぼ同じ大きさで、プラグが折りたためる物。旅行などにも持っていけそうな感じ。

Igb20_03 カタログの写真では分からなかったが、本体の背面に吸気口が設けられている。

とりあえず、トイレに置いて使ってみた。
カビ臭くどんよりとした空気だったのだが、2時間ほどで明らかに軽くさわやかな感じになってきた。
丸1日置いて見たら、殆ど外と変わらない感じにまで改善。
現段階ではウイルスに効くかは不明だが、カビ臭には効果的といえるでしょ。

ただ、音は結構うるさい。強弱2段切り替えだが、強の方は耐えられない人もいるかも。まあ、1日中トイレにこもる人はいないからいいけど、仕事中に机の脇に置いて使おうとか考えている人はキツイかもしれない。
また買ってから分かった事だが、プラズマクラスターイオンの濃度が2万5000個/1cm3とかいうのはファンを強にした場合で、弱にすると7000個になってしまうという説明だった。
つまり音が気になって弱しか使わないのであれば、空気清浄機に組み込まれたタイプのプラズマクラスターイオンの濃度と同レベルになってしまう。
IG-B20より大きい他のプラズマクラスターイオン発生機も同じかどうか分からないが、イオン濃度の濃さに期待して買ってみたが、ファンがうるさいので弱でしか使えなかったりしたら、あまり意味がなくなってしまう気がするので、注意した方がいいと思う。

引き続きトイレ以外に色々なシーンで使用して、また何かあったら報告したい。
プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」その後のレビューにつづく

シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-B20」(楽天の検索結果一覧)


2009年9月16日 (水)

新型インフルエンザ大流行、対策の新兵器?!プラズマクラスターイオン

昨日のニュースで、何と沖縄の若い女性が、他の病気を持たない健康体だったにもかかわらず、新型インフルエンザの犠牲となってお亡くなりになったとの事。

新型インフルの24歳女性死亡=持病なし、家族内感染か−沖縄県(時事通信) - Yahoo!ニュース
新型インフル、世界の重症患者4割は持病なし : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

抵抗力のない子供や、持病をもっているお年寄りなどが死亡するものとばかり思っていたのに、これは怖い。
自分は中年のおじさんなので(^-^;免疫のようなものがあって平気と、根拠のない理由で深刻に考えていなかったのだが、そのうちヤッパリ根拠がないという話になってしまうのかも。

その他、本日のニュースでは
生徒500人、新型インフルの疑い 近大和歌山中・高 - 社会 : asahi.com(朝日新聞社)

というのもある。一時沈静化したものの、夏休みが終わって再び猛威をふるい始めたというところだろう。
新型インフルエンザの大流行はもう避けられないものと考えるしかなさそうだ。

となると対策だが、最近になってプラズマクラスターイオンなる物があることを知った。
寡聞にして本当に知ったのはつい最近だったのだが、このプラズマクラスターイオンなる装置、結構前から販売されていたそうで、2008年12月末で累計販売台数が2,000万台という大ヒット商品だったのだ。

シャープ、プラズマクラスター技術搭載商品の累計売り上げ2,000万台を達成 - 家電Watch

イオンというと、うさんくさい目で信じない人もいるだろうが、自分は左手首にトルマリンリング、小銭入れにトルマリン鉱石のかけら、札入れにトルマリンカード、車のエンジンにも、というトルマリン・マニアなのでスゴーく気になるのだ。
まあ、ここで馬鹿にしてページを閉じられてしまったかもしれないが、自分が信じられるのはプラセボではない確かな効果があるからだ。臭いが消えるという、分かりやすい効果である。
小銭入れと札入れに仕込んでいるのはこの効果があるから。夏になると汗が染み込んで、どちらもひどい臭気を放っていたのだが、これが全くの無臭になってしまった。これは絶対に気のせいではない事実だ。

話を元に戻そう。プラズマクラスターイオンの効果のひとつが、脱臭効果である。自分としては実に納得できる効果だ。
そして、ここからが肝心なのだが、あの鳥インフルエンザでは既に効果が実証されているという事らしい。

シャープ、「除菌イオン」が鳥インフルエンザに有効と発表 - 家電Watch

てなわけで、今回の新型インフルエンザ対策にも有効かもとの噂、いま大注目のアイテムなんである。
例の2,000万台の中には医療機関も相当数含まれているとも。
懐が厳しいが、値が吊上がる前に何とか確保したいところ。



シャープ プラズマクラスターイオン発生機「IG-A100」(楽天市場)

SEO対策

お勧めアイテム

お勧めフィギュア

PR

  • クーポン券で更に割引★

楽天ランキング

  • パソコン・周辺機器